雨の日も風の日もFX

FXの醍醐味

プレミアム計算のモデル開示が求めらる可能性

rwfds8uo 市場リスクの計算

金融デリバティブ商品に求められるものは、金融等の原資産の価値変動をヘッジする機能を持ち、それを現実的に行うことができることであり、また全体のポートフォリオのリスク管理をそのヘッジ機能によって実際の運用でできること、であると言える。ここから詳しく解説。

今回の規制内容でははっきりとは書かれているわけではないが、業者ごとに市場リスクの計算方法については触れられていないもののプレミアム計算のモデル開示が求めらる可能性があるととれる内容であった。

これをブラックショールズを例に言い換えるならば通貨オプションにブラックショールズを用いているのであれば、デルタ管理ができること。が必要となり、計算モデルはデルタプラス法で市場リスク計算ができるならばそのように申請するわけだが、それ以外となってしまうと内部モデル方式を申請するという手間がかかる。

おすすめサイト: 指標.net

権利行使の客観性(当たり外れの判断)

権利行使の判断の客観性や中立性の担保について一般的には業者自身がクォートするレートを行使の判断に用いるようだが、規制では特別触れてはいない。ただし、インターバンクでは、EBSやロイター等の市場で3百万ドル以上の約定が確認できたレートでないとついたとはみなさないというルールがあるので、今後リテール向けオプションがらみの商品が開発される可能性を加味し、工夫をする必要があるのではないだろうか。

時間的価値(Time Value)と内在的価値(Intrinsic Value)

予備知識として書き記すが、ブラック・ショールズをモデルにしたオプションの基本は「そのオプションの価値というものは、時間の経過に比例して下がるものである「時間的価値」と売買価格を決める際に用いた現在価値から権利行使価格までのまでに起こる乖離の価値「内在的価値」で決まる。」というものであり、これはバニラでもバイナリーでもまたは取引手数料無料のハイローオーストラリアでも同じである。

この2つを基礎として金利としての部分、インプライドボラティリティ(市場の参加者の意図する部分)が加味され価格が決まっていく。インターバンクでは例外を除きこのインプライドボラティリティを取引し直接プレミアムを取引していない。



為替変動を利用して利益を出す

FXの投資は外国為替の取引をして為替変動をうまく利用して利益をあげることになります。そしてなぜ為替の値は変動するのかというとそれは日によってそれぞれの通貨を使用している国の評価が変わるからです。

そこでFXの取引をして利益を出すためには自分が取引をしようとしている通貨を使用している国の経済、政治、金利などいろいろな要素を分析する必要があります。なぜならこれらの要素がその国の使用している通貨の価値を決めることになるからです。