雨の日も風の日もFX

FXの醍醐味

バイナリーオプション業者はどのように利益をあげているのか

drwfds8uo FXの取引において、業者は手数料を徴収したり、ビッドやアスクの差(いわゆるスプレッド)を設けて差額を利益にしています。しかし、バイナリーオプションに関してこういった手数料に相当するものは存在しません。バイナリーを始めようと思っている方にとって見かけ上は業者の取り分はどこにもないように見えます。彼らはどこから利益を得ているのでしょうか。【http://www.zipangbinary.com/) によれば以下のようです。

■レンジ外ルール

バイナリーオプション業者の利益を生み出しているのは、レンジ外のルールです。これはバイナリーオプション取引で、相場が一定のライン(レンジ)よりも上か下に出てしまうと、業者の総取りになってしまうルールです。ハイ&ローの場合だと、ハイに賭けた人もローに賭けた人も利益を得ることができません。全取引中の8%がこのレンジ外であり、年間で言えば総取引額の8%がそのまま業者の利益になる計算となります。業者は営業をしているだけで最低でも取引額の8%を得られるのであり、バイナリーオプションのランニングコストは低いため、これだけでもかなりの利益となります。

■ペイアウト率の調整

バイナリーオプションで買ったとき、支払った金額に倍率がかけられて手元に戻ってきます。これがペイアウト率です。ペイアウト率は業者により違いはあるものの、だいたいが180%ほどに設定されています。バイナリーオプション取引では、選択肢が完全な二択になるため一切の干渉を排除すると勝率は単純に50%となります。業者の取り分をゼロとした場合、負ければ全額を失うので買った時は2倍の金額を受け取ることでプラスマイナスはゼロになります。つまりペイアウト率は200%ということです。

しかし実際のペイアウト率は180%です。つまりこの20%分が業者の利益となっています。具体例をあげると、Aさんが5000円でハイ、Bさんは5000円でローに賭けたとします。結果がハイとなると、業者は二人から受け取った金額をペイアウト率に従って分配します。Aさんは5000円に180%をかけて9000円を受け取り、Bさんは全額を失います。業者は1万円を受け取り、Aさんに9000円を支払うので、1000円が業者の利益となります。

■賭ける人数の偏りを調整する

上ではハイとローに賭けている人が同じ数なので業者に利益が出ました。しかし、もしAさんとBさんが両方共ハイにかけていた場合、業者は二人ともに9000円を払わねばなりません。業者が二人から受け取った金額は1万円ですから、8000円の損をすることになります。業者としてこれは大損ですから、こういった事態は回避しなければいけません。よって、業者はAさんがハイに賭けた時点で注文を締め切り、誰もハイに賭けられないようにします。ローはまだ賭けることができますので誰かがローに賭けてくれることでハイとローのバランスをとるのです。



為替変動を利用して利益を出す

FXの投資は外国為替の取引をして為替変動をうまく利用して利益をあげることになります。そしてなぜ為替の値は変動するのかというとそれは日によってそれぞれの通貨を使用している国の評価が変わるからです。

そこでFXの取引をして利益を出すためには自分が取引をしようとしている通貨を使用している国の経済、政治、金利などいろいろな要素を分析する必要があります。なぜならこれらの要素がその国の使用している通貨の価値を決めることになるからです。