雨の日も風の日もFX

FXの醍醐味

外貨預金と何が違うの?外貨MMFについて

rwfdsuo 外貨MMFとは外貨におけるMMF=「マネー・マーケット・ファンド」の略称で、為替市場(マネーマーケット)を主な舞台として投資信託を行うことです。外貨MMFには以下のような特徴があります。

・外貨預金が基本
・預金とは異なり、預金したお金を運用するのはプロ
・プロが運用するため、預金額よりも利益が大きくなるチャンスがある
・プロの運用でも失敗することもあるため、その場合全額失うリスクもある

外貨預金との大きな違いは、預金したお金を運用するのは自分ではなく、プロ=ファンドが運用するという点です。

■なぜ外貨預金よりも利益が大きくなるのか?

外貨預金よりも大きな利益が見込める?外貨預金は通常の預金と同様、利益を得るためにはただ利息がつくのを待つのみです。

その一方、MMFは投資のプロが積極的に預かったお金を運用し、攻めの投資を行います。例を挙げて、カンボジアドルを預金したとしましょう。現在カンボジアドルは1年間定期預金で預けると、その6%の利息がつくことになります。単純計算、100万円の預金で1年経過すると6%利息増の6万円が増えて、手元に戻ってくるわけです。

但し、この1年間にも為替の相場は常に動いていますから、カンボジアドルと円を比較し、カンボジアドルよりも円の方が高値になることもあれば、安値になることもあります。このようなタイミングを見計らい、デイトレーダーのような投資のプロが売買取引を重ねていれば、元手の100万円はもしかしたら200万円、300万円と倍以上になる可能性もなくはないのです。

しかし留意しておきたいのは、投資失敗となれば全てが消えてしまうということです。外貨預金では元本(最初に預けたお金)が保証されていますが、外貨MMFでは保証されていないのでこの点はしっかり踏まえておきましょう。

■それなら運用は自分で行うべき?

運用をプロではなく、自分で行ってもいいのではないか?と考える方もいるでしょう。海外業者24オプションなどで取引に慣れている方にはもちろん自分で投資を行い、成功できるという自信があれば外貨MMFを利用する必要はありません。外貨MMFに任せる場合、信託報酬という運用を行うプロに報酬を支払う必要もあります。これは投資を自分に代わって代行してくれる、代行料金です。ファンドの投資家の給与が高給だということは有名ですが、このような報酬が支払われているからなのです。

ですから、FXや外資系バイナリオプションのように投資を自ら行った方が得なのでは?と考える方もいるかもしれませんが、実際のところそこまでハイレベルな個人投資家は稀です。多少報酬を支払っても、多くの人はプロに依頼をしているケースが多いのが実情です。



為替変動を利用して利益を出す

FXの投資は外国為替の取引をして為替変動をうまく利用して利益をあげることになります。そしてなぜ為替の値は変動するのかというとそれは日によってそれぞれの通貨を使用している国の評価が変わるからです。

そこでFXの取引をして利益を出すためには自分が取引をしようとしている通貨を使用している国の経済、政治、金利などいろいろな要素を分析する必要があります。なぜならこれらの要素がその国の使用している通貨の価値を決めることになるからです。